ウッドデッキ制作

ウッドデッキにおすすめの木材

ウッドデッキが世の人々から支持されている理由としては、
DIYの延長として自分好みの空間を作成出来るからです。
金槌も鋸も握ったことがない人には難しいかもしれませんが、
糸鋸や電動ドライバー類をある程度使いこなせる人であれば
ウッドデッキを楽しみながら作ることが出来る可能性は高いといえます。
そういった面からいってもウッドデッキ作りそのものが高い娯楽性を持っているのです。
今回は、そんなウッドデッキ製作において見逃せない木材の選び方について詳しく見ていきましょう。

ウッドデッキをどのような空間として捉えるかによって、必要となる木材は変わってきます。
毎週のように手を加えて少しずつ自分の城を建築していきたい、
構想が固まっていないけれど見切り発車で作る楽しみを味わいたいという人は、
木材の加工性を重視して選択することをおすすめします。
具体的にどのようなものが良いかというと、ソフトウッドと呼ばれる天然木です。
ソフトウッドは非常に加工がしやすい一方で、防腐剤などの塗料を
自分で塗らなくてはいけないという手間がかかります。
ウッドデッキを作ること自体を楽しみたいという人にとっては、まさにピッタリな素材なのです。

ソフトウッドはきちんと処置を施せば耐久性もある程度確保出来ますし、
木材の色合いや手触りに関しても塗料やサンドペーパーで変化を付けられます。
手がかかっても、細部までこだわって作りたいという人にはソフトウッドがおすすめなのです。
具体的にどのような木材がソフトウッドなのかというと、
ウエスタンレッドシアターやSPF材など、ホームセンターで購入可能なものばかりです。
実際に手に取ってみて木材の感触を確かめましょう。

続いては、ウッドデッキ作りも良いけれど、そこで趣味の時間を没頭したいという人に
おすすめしたい木材をご紹介します。
こういったタイプの人は、ある程度加工された木材の方がとっつきやすいいことでしょう。
人工木はあらかじめ防腐処理がなされているので、非常に使いやすいといえます。
耐久性にこだわりたいのであれば、ハードウッド材で長持ちするウッドデッキを作りましょう。
人工木とハードウッドは比較的メンテナンスの手間が必要ないのが魅力です。
汚れをこまめに落としてあげれば、充分な強度と清潔感を保つことが出来るのです。

もしくは、ウッドデッキ製作用のキットを購入して、それに沿ったウッドデッキを作るのも良いでしょう。
ウッドデッキ作りそのものを楽しみたいのか、その先の趣味に没頭したいのか。
ウッドデッキ製作に取り掛かる前に、自分の心と向き合って木材を選択することから、
ウッドデッキを上手く作れるかどうかに関わってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です