未分類

ウッドデッキ製作と安全確認

ウッドデッキ作りはDIYの延長上にあるものとして親しまれていますが、
それでも安全に十分配慮しなくてはいけないのは当たり前です。
工具は使い方を一歩間違えれば命に関わることもあります。
ましてや、ウッドデッキ作りでは丸鋸などの電動工具を使うことも多いので
なおのこと配慮しなくてはいけないことが多いのです。
今回は、ウッドデッキ作りの前に知っておきたい安全に作業するための注意事項について
詳しく見ていきましょう。

電動工具の特徴は、人力では不可能な速度や力加減で作業が出来る点にあります。
そのため、電動工具によって発生するアクシデントも、
起きてからでは対処が難しいものが多いといえます。
例えば、何かの拍子で木片や削りカスが目に飛んできてしまったときのことを考えても、
電動工具の振動や勢いがプラスされているわけですから、反応で避けるというのは困難です。
こうした事態が起きたときの被害を最小限に抑えるためにも、
電動工具を使用する際にはゴーグルや作業用手袋を装着しましょう。
手袋は電動工具に巻き込まれないようにフィット感の強い素材がおすすめです。

軍手を嵌めていると、工具の回転や往復運動に絡まって
大怪我を引き起こす可能性があるので絶対に控えてください。
粉塵を飛ばすことが多いサンダーやグラインダーを利用する際には、
マスクで呼吸器を守るようにしましょう。
丸鋸などのコード付き電動工具を使用するときも注意が必要です。
良く見られるのが、作業中に電源コードを肘や肩で抜いてしまうというものです。
これならばまたコードを差して使えば問題ありませんが、
コードの取り回しに配慮していないと、コードそのものを切断して、感電を誘発することもあるのです。

切断を予防するには、コードが伸びている方向を常に意識して作業を進めましょう。
ベルトなど、自分の腕や肩が当たりにくい場所にコードを固定しておくというのも
トラブルを避けるうえで有効な手段といえます。
ドリルドライバーやインパクトドライバーは、ビットと呼ばれる部位を交換しながら、
穴を開けたりビス止めをしたりといった場面で活躍します。

ビットの交換を何度もやっていると、面倒になって電源が入ったまま交換しようとする人が見受けられます。
これは非常に危険ですので、必ず工具の電源を切り、電源プラグを抜いてから交換してください。
充電式電動工具の場合は、バッテリーを取り外すのが鉄則です。
ご紹介したような方法は一見面倒に思えますが、重大な事故を防ぐのに不可欠な配慮です。
ウッドデッキ作りを楽しい思い出として心に刻むためにも、安全を最優先に作業を進めましょう。

ウッドデッキの個性的な施工事例です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です